乾燥肌の人は毛穴が小さくかつ硬いのでちょっと

乾燥肌の人は、毛穴が小さくかつ硬いので、ちょっとの皮脂でさえも目詰まりが起こります。
乾燥肌はオイリー肌と同じでニキビが発生しやすい状態なのです。
さらに肌の防御システムの機能が低下しているので外部からの刺激に弱く、肌トラブルを起こしやすい環境でもあります。
ニキビや肌トラブルを防止するためにも、正しいスキンケアして方がいいです。
酷い状態のニキビとなると、芯を持ったように固く、触ると痛いといった症状が見られます。
ニキビが出来てしまった場合、ついなんとなくその箇所を確かめたくて触りたくなってしまいますが、触ってしまうとまたそこから雑菌が入って長引いてしまうかもしれないので、ケアとしてニキビケアのクリームを塗るなどして、清潔に保つようにするのが良いようです。
肌荒れに効果的なスキンケアのやり方のポイントは、洗顔および保湿です。
顔を洗う時の注意点ですが、とにかく肌をこすらないことに気をつけるようにして顔の汚れを落としてください。
顔にしっかり水分を含ませてから、たっぷりと泡を立てた洗顔フォームをのせて、泡を利用して洗うようにします。
洗顔料を残さないように、ちゃんととすすぐことも大事です。
洗顔をしっかりとふき取らないと肌荒れになってしまうかもしれないので、すすぎをゆっくりと行いましょう。
洗顔ができた後には、化粧水や乳液などを使って、保湿を完ぺきに行ってください。
保湿をしないことは、肌が乾燥してしまう原因になってしまい、シワが目立ちやすくなります。
保湿をきちんと行えば、シワを作らないための予防・改善となります。
あまり、ニキビが気にかかるからといって洗顔をやりすぎると、必要な油脂をも洗い落としてしまい、かえって逆効果になります。
多く洗うとしても洗顔は一日に二度ほどにしておきましょう。
大事なのは洗顔料をしっかり泡立て、お肌には直接手を触れずに、あくまで泡自体で洗顔を行うこと、そして洗顔後にはすぐ保湿をすることです。